The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2010 長野県知事選

知事選で初当選が決まり、万歳する阿部守一氏=8日午後10時50分、長野市のホテル

 任期満了に伴う県知事選は8日投開票し、無所属新人で元副知事の阿部守一氏(49)=民主、社民、国民新推薦=が36万2千票余を獲得し、ともに無所属新人で前副知事の腰原愛正氏(63)、前安曇野ちひろ美術館長の松本猛氏(59)を破り、初当選した。阿部氏と腰原氏の差は5021票(0・55ポイント)で、戦後の県知事選では最も小差となる大接戦だった。投票率は52・70%で、前回選(65・98%)を13・28ポイント下回り、過去最低となった。
 1期目の村井仁知事(73)が引退を表明し、県政の新たな針路が問われた選挙で、県民は行政改革の徹底などを掲げた阿部氏を選んだ。
 7月の参院選後、初の大型地方選となり、民主党が阿部氏、自民党が腰原氏を全面支援。幹部や閣僚を応援に投入した民主は、参院選大敗からの態勢立て直しに一定の手応えを得た。自民は来春の統一地方選もにらみ、戦略の再構築を迫られそうだ。
 有効投票数に占める得票率は、阿部氏39・85%、腰原氏39・30%、松本氏20・84%。県選挙管理委員会は11日の選挙会で阿部氏の当選を確定する。任期は9月1日から4年間。
 田中前県政で副知事を務めた阿部氏は5月に立候補を表明。「信州型事業仕分け」などを通じ、県民主権の県政実現を掲げた。推薦する民主、社民、国民新の各党のほか、連合長野が組織面の中核となった。副知事時代からつながりのある市民グループや個人も支援。最終盤、無党派層を中心に支持を広げ、腰原氏をかわした。
 腰原氏は、自民党県議団など県会一部会派や県内経済団体幹部らの出馬要請を受け、7月初旬に立候補表明。村井県政を副知事として支え、県政の「継承と発展」を訴えた。村井知事や自民党、公明党県本部、県内経済団体、市町村長有志らの支援を受けて組織選挙を展開したが、無党派層などへの浸透を欠き、及ばなかった。
 松本氏は、前回選で田中康夫前知事を支持した企業経営者や文化人の要請を受け、4月に立候補を表明。文化振興や建設中の県営浅川ダム(長野市)の再検証を打ち出した。共産党県委員会が加わる団体の支援も受けたが、終盤は阿部、腰原氏の激しい争いに埋没気味となった。

« 前の記事  特集トップに戻る