2009年12月アーカイブ

2009年12月31日掲載
 スピードスケートのバンクーバー五輪代表選手選考競技会最終日は30日、長野市エムウェーブで男女1500メートルを行い、女子は中学3年生の高木美帆(北海道・札内中)が1分59秒47の日本中学新記録で制した。小平奈緒(相沢病院)は最終周にペースを落とし2位だった。男子は杉森輝大(吉羽木材)が1分47秒49の国内最高記録で優勝。中嶋敬春(十六銀行・佐久長聖高―日体大出)は3位に終わり五輪出場を逃した。  …

全文を読む

2009年12月30日掲載
 スピードスケートのバンクーバー五輪代表選手選考競技会第2日は29日、長野市エムウェーブで男女1000メートルと男子5000メートルを行い、男子1000メートルは小原唯志(日本電産サンキョー)が1分10秒17で制して初の五輪代表を決めた。女子1000メートルは五輪代表に決まっている吉井小百合(日本電産サンキョー)が1分17秒17で優勝し、小平奈緒(相沢病院)が2位に入った。 男子1000メートルは …

全文を読む

2009年12月29日掲載
 スピードスケートのバンクーバー五輪代表選手選考競技会第1日は28日、長野市エムウェーブで男女500メートルと女子3000メートルを行い、500メートルはともに五輪代表に決定している男子は加藤条治(日本電産サンキョー)、女子は小平奈緒(相沢病院)が2回ともトップタイムをマークして制した。 女子500メートルは岡崎朋美(富士急)が2位に入り5大会連続となる五輪代表を決めた。上伊那郡宮田村出身の新谷志 …

全文を読む

2009年12月21日掲載
 スピードスケート・ショートトラックのバンクーバー五輪代表最終選考会を兼ねた第33回全日本選手権最終日は20日、長野市のビッグハットで男女1000メートルと総合得点上位者による男女3000メートルを行い、女子は前日の500メートルを除いて全種目を制した桜井美馬(早大)が2年ぶりに総合優勝した。男子は2種目を制した高御堂雄三(トヨタ自動車)が初めて総合優勝した。 県勢は女子の小沢美夏(サンコー・塩尻 …

全文を読む

2009年12月20日掲載
 スピードスケート・ショートトラックのバンクーバー五輪代表最終選考会を兼ねた第33回全日本選手権第1日は19日、長野市ビッグハットで男女の500メートルと1500メートルを行い、男子500メートルで3位に入った吉沢純平(とらふぐ亭・南牧村出身)が、優勝した全日本距離別選手権との合計得点でトップに立ち初の五輪代表を確実にした。 男子1500メートルを制した高御堂雄三(トヨタ自動車)と女子1500メー …

全文を読む

メインページ | アーカイブ | 2010年1月 »

速報・記録など