2010年3月アーカイブ

2010年3月29日掲載
 バンクーバー冬季五輪に出場したジャンプの竹内択選手(22)とクロスカントリースキーの小境啓之(ひろし)コーチ(38)の五輪出場報告会が28日、2人の出身地の飯山市であった。  市民らでつくる竹内択後援会(会長・石田正人飯山市長)が主催し、市内外から約70人が集まった。初の五輪出場だった竹内選手は、ノーマルヒル、ラージヒル、団体の3種目に出場。「すべてに出る夢はかなったが、世界との力の差を感じた。 …

全文を読む

2010年3月26日掲載
 バンクーバー冬季五輪に出場した茅野市ゆかりの選手たちによる報告会が25日夜、茅野市民館で開かれた。市内のスケートクラブの小学生や住民ら約350人が集まり、大きな拍手を送った。  市ゆかりの選手を応援しようと発足した「市出場選手後援会」が主催。女子団体追い抜きで銀メダルを獲得した小平奈緒選手(23)=相沢病院=と、吉井小百合選手(25)=日本電産サンキョー、名取英理選手(24)=十六銀行=の3人が …

全文を読む

2010年3月24日掲載
 バンクーバー冬季五輪スピードスケート女子団体追い抜きで、銀メダルを獲得した小平奈緒選手(相沢病院)の母校・伊那西高校(伊那市)で23日、「凱旋(がいせん)報告会」があった。在校生や卒業生ら約400人が大きな拍手で小平選手を迎えた。  団体追い抜きを振り返った小平選手は「ほかの2人の力を借りての銀メダル。たくさんの応援があったから滑りきれた」と話した。自らの高校生活については「英語と数学は苦手だっ …

全文を読む

2010年3月20日掲載
 バンクーバー冬季五輪で茅野市ゆかりの選手を応援しようと発足した「市出場選手後援会」は25日夜、選手たちによる報告会をJR茅野駅前の茅野市民館で開く。スピードスケートの小平奈緒(23)=相沢病院、吉井小百合(25)=日本電産サンキョー、名取英理(24)=十六銀行=の3選手が出席。報告会に先駆けて午後7時から、3人が同駅改札口と市民館を結ぶ通路をパレードする。  後援会はこの3選手と、ショートトラッ …

全文を読む

2010年3月16日掲載
 バンクーバー冬季五輪スケルトン男子代表で木曽郡王滝村出身の越和宏さん(45)が15日、母校の同村王滝小中学校を訪れた。児童・生徒計約80人が学年ごとに寄せ書きをした金メダル計9個や日の丸を贈呈。越さんは「おっさんにできたんだから、皆さんならすぐできる」と、五輪出場への期待を込めた。  村教育委員会などが主催した五輪の「報告会」で、村民や町職員らも集まった。五輪での滑走の映像を見た後、越さんが五輪 …

全文を読む

2010年3月10日掲載
 バンクーバー冬季五輪女子スノーボードクロスの公式練習中に頭部を強打し、出場直前に棄権した長和町大門出身の藤森由香選手(23)=アルビレックス新潟=が9日、羽田健一郎長和町長を訪ねた。「とても悔しかった」と当時の心境を語り、来年の世界選手権へ向けての意欲を見せた。  長和町のエコーバレースキー場でスノーボードショップを営む父親の昭さん(59)と一緒に役場を訪れた藤森選手は、試合4日前の練習で転倒し …

全文を読む

2010年3月 9日掲載
 バンクーバー冬季五輪のスピードスケート・ショートトラックで女子500メートルと3000メートルリレーに出場した茅野市ゆかりの酒井裕唯(ゆい)選手(22)=早大=が8日、市役所を訪れ、柳平千代一市長らに五輪の様子を報告した。酒井選手は「もう一度あの舞台に戻りたい。あと4年しかないという思いで頑張る」と意欲を見せた。  酒井選手は、市スケート協会副会長で幼少期にスケートを教わった奈良原真理さん(62 …

全文を読む

2010年3月 9日掲載
 バンクーバー冬季五輪ノルディックスキー距離に出場した柏原理子(みちこ)選手(18)=早大、白馬村出身=の五輪報告会が8日、高校時代を過ごした飯山市内であった。  柏原選手は、学校統合に伴って昨年3月に閉校した飯山南高校の最後の卒業生。バンクーバー五輪では2種目に出場し、女子10キロフリーは61位、最終走者を務めた女子20キロリレーは9位だった。  この日は統合校の飯山高校体育館で開いた報告会に臨 …

全文を読む

2010年3月 8日掲載
 バンクーバー冬季五輪のスピードスケート男子500メートルでそれぞれ銀、銅メダルを獲得した長島圭一郎選手(27)と加藤条治選手(25)が8日朝、所属する日本電産サンキョー本社(諏訪郡下諏訪町)で開かれた報告会に出席した。体育館で500人余の社員を前に応援への感謝を伝えた両選手は、間近でメダルを見せたり、言葉を交わしたりして喜びを分かち合った。  両選手が五輪後に下諏訪町での行事に出席するのは初めて …

全文を読む

2010年3月 6日掲載
 スピードスケートの五輪メダリストたちがそろって信州へ凱旋(がいせん)-。バンクーバー冬季五輪の男子500メートルで銀メダルの長島圭一郎選手(27)、銅メダルの加藤条治選手(25)=ともに日本電産サンキョー、女子団体追い抜きで銀メダルの茅野市出身、小平奈緒選手(23)=相沢病院=が5日、長野市中央通りのトイーゴ広場で開かれた県スケート連盟主催の祝賀イベントに参加し、市民ら約300人にメダルを披露し …

全文を読む

2010年3月 4日掲載
 バンクーバー冬季五輪のスピードスケート女子団体追い抜きで銀メダルを獲得した小平奈緒選手(23)=茅野市出身=が4日、所属する相沢病院(松本市)に隣接するホールで開かれた「凱旋(がいせん)報告会」に出席した。病院職員ら約250人から祝福を受け、「世界のトップスケーターになって、4年後のソチ冬季五輪を迎えたい」と決意を語った。  職員らが棒状の風船をたたいて小平選手の応援歌を歌う中、銀メダルを首から …

全文を読む

2010年3月 4日掲載
 北安曇郡白馬村出身でバンクーバー冬季五輪に出場した成瀬野生(のぶ)(25)=岐阜日野自動車、柏原理子(みちこ)(18)=早大、福島のり子(30)=ICI石井スポーツク=の3選手が3日、村役場に太田紘熙村長らを訪ねた。拍手での出迎えを受け、連日の住民の応援に感謝の思いを語った。  ノルディックスキー距離男子の4種目に出場し、個人種目では距離50キロクラシカルの35位が最高だった成瀬選手は「力が足り …

全文を読む

2010年3月 3日掲載
 バンクーバー冬季五輪のスピードスケート女子団体追い抜きで銀メダルを獲得した茅野市豊平南大塩出身の小平奈緒選手(23)=相沢病院=の活躍をたたえようと、地元の南大塩区は2日、「祝 奈緒さん 銀メダル おめでとう」と書かれた横断幕を地元の公民館に掲げた。  同区は小平選手が出場したレースのあった5日間、公民館に設けた大型スクリーンで応援。個人種目と団体追い抜きを合わせて区民を中心に延べ500人近くが …

全文を読む

2010年3月 2日掲載
 バンクーバー冬季五輪最終日の1日(日本時間)、ノルディックスキー距離男子50キロに出場した成瀬野生(のぶ)選手(25)=岐阜日野自動車=の出身地・北安曇郡白馬村では、家族や住民らが未明から村多目的ホールで中継を見ながら声援を送った。  先頭集団に食らい付きながら力走する成瀬選手の姿が映し出されたり、順位が告げられたりすると「いけー、いけー」と会場が沸いた。ゴールが近づくと太鼓の音に合わせて「なる …

全文を読む

2010年3月 1日掲載
 バンクーバー冬季五輪のスピードスケート女子団体追い抜きで銀メダルに輝いた小平奈緒選手(23)=相沢病院=の出身地、茅野市では28日朝、家族や住民が大型スクリーンの前で熱い声援を送った。偉業を成し遂げた小平選手を「地元の誇りだ」と、大きな拍手でたたえた。  小平選手の家族が住む豊平南大塩区の公民館では約100人が大声援。棒状の風船をたたきながら「頑張れ」「行けー」と声を張り上げた。  小平選手の姉 …

全文を読む

2010年3月 1日掲載
 小平奈緒選手が所属する松本市の相沢病院では28日朝、職員やその家族ら約140人が病院に隣接するホールの大型スクリーンで観戦。応援メッセージを書いた風船を両手に「ゴー・ナオ・ゴー」「ゴー・ジャパン・ゴー」と声を合わせた。  決勝のゴール直後、「金メダルか」と沸き立ったが、わずかな差で敗れたと分かると「惜しい...」。相沢孝夫院長(62)は「みんなが一生懸命応援して一体感をつくれた。小平さんは患者さ …

全文を読む

« 2010年2月 | メインページ | アーカイブ | 2010年4月 »

速報・記録など