福島のり子(スキークロス)のニュース


2010年3月 4日掲載
 北安曇郡白馬村出身でバンクーバー冬季五輪に出場した成瀬野生(のぶ)(25)=岐阜日野自動車、柏原理子(みちこ)(18)=早大、福島のり子(30)=ICI石井スポーツク=の3選手が3日、村役場に太田紘熙村長らを訪ねた。拍手での出迎えを受け、連日の住民の応援に感謝の思いを語った。  ノルディックスキー距離男子の4種目に出場し、個人種目では距離50キロクラシカルの35位が最高だった成瀬選手は「力が足り …

全文を読む

2010年2月25日掲載
 バンクーバー冬季五輪は24日、ノルディックスキー複合団体に北安曇郡白馬村出身の渡部暁斗選手(21)=早大=が、フリースタイルスキー女子スキークロスにも同村出身の福島のり子選手(30)=ICI石井スポーツク=がそれぞれ出場した。村内の特設応援会場には住民ら約40人が集まり、大声援を送った。  渡部選手は、前半飛躍に2番手で登場し、集まった人たちは「あきと」と連呼。第3走者で力走した後半距離でも「頑 …

全文を読む

2010年2月10日掲載
 12日(日本時間13日)開幕のカナダ・バンクーバー冬季五輪を前に、白馬村などは9日、村関係6選手の競技を大画面で観戦する「パブリックビューイング」の会場を、役場隣の村多目的ホールに設けた。担当の村教育委員会は「一致団結して熱い声援をバンクーバーまで届けよう」と来場を呼び掛けている。  縦約3メートル、横約7メートルのスクリーンを設置し、スクリーン上部に「がんばれ!白馬で育った選手達」の横断幕を掲 …

全文を読む

2010年2月 5日掲載
 県関係選手は25人が代表入り。トリノ大会より3人減ったものの、94人の日本選手団の4分の1を超える規模はトリノ大会を上回る。各競技のエース級も並び、好成績を期待できる布陣だ。  フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子は、力を出し切れば金メダルに手が届く位置にいる。昨季の世界選手権2冠が示すように実力は折り紙付き。初の五輪に挑む男子の西伸幸も攻撃的な滑りが成功すればチャンスが生まれる。  スピ …

全文を読む

2010年2月 4日掲載
 北安曇郡白馬村は3日、カナダ・バンクーバー五輪に出場する村関係6選手の家族らに村教育委員会が用意した応援旗を贈った。この旗には、村内の小中学校や高校の児童・生徒らが応援メッセージを寄せ書きしてある。競技会場などに掲示してもらう。  村関係選手は、モーグルの上村愛子選手と西伸幸選手、ノルディック複合の渡部暁斗選手、スキークロスの福島のり子選手、スキー距離の成瀬野生(のぶ)選手と柏原理子(みちこ)選 …

全文を読む

2010年1月14日掲載
 全日本スキー連盟は13日、バンクーバー冬季五輪代表に、冬季五輪の日本勢で最多の6大会連続となるジャンプの葛西紀明(37)=土屋ホーム=や39歳で日本のスキー勢で史上最年長となるジャンプの岡部孝信(雪印)ら29人を追加した。 代表はこれで36人。17日のワールドカップ(W杯)の結果を踏まえて選考するアルペン男子など一部種目は、19日以降に発表する。 県勢は新たに9人が五輪代表に決まった。女子モーグ …

全文を読む

1
« 渡部暁斗(複合) | メインページ | 加藤条治(スピード) »

速報・記録など