小原唯志(スピード)のニュース


2010年2月19日掲載
 バンクーバー五輪スピードスケート男子1000メートルに長島圭一郎選手(27)、小原唯志選手(26)が出場した18日、両選手が所属する日本電産サンキョー(諏訪郡下諏訪町)では社員約100人が中継を見ながら応援した。  長島選手はスタート直後、競技場に響いた音をフライングの合図と勘違いして走るのをやめた。集まった社員らは静まり返り、心配そうな表情。審判団の協議後の再レースでは「いけー、いけー」と声援 …

全文を読む

2010年2月10日掲載
 バンクーバー冬季五輪に出場する諏訪地方ゆかりの選手たちのレースを大画面で観戦、応援する「パブリックビューイング」の日程が固まった。茅野市役所とJR下諏訪駅前の旧下諏訪商工会議所、茅野市の泉野地区コミュニティセンターが会場で、五輪期間中は連日、早朝からの日程が組まれている。  旧下諏訪商議所では、下諏訪駅前の商業者らでつくる「日本電産サンキョースケート部サポーター」が企画。同部に所属するスピードス …

全文を読む

2010年2月 5日掲載
 県関係選手は25人が代表入り。トリノ大会より3人減ったものの、94人の日本選手団の4分の1を超える規模はトリノ大会を上回る。各競技のエース級も並び、好成績を期待できる布陣だ。  フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子は、力を出し切れば金メダルに手が届く位置にいる。昨季の世界選手権2冠が示すように実力は折り紙付き。初の五輪に挑む男子の西伸幸も攻撃的な滑りが成功すればチャンスが生まれる。  スピ …

全文を読む

2010年1月18日掲載
 スピードスケートの世界スプリント選手権最終日は17日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで男女500メートルと1000メートルの2回目を行い、女子の吉井小百合(日本電産サンキョー)が第1日に続いて1000メートルを制し、154・830点で2001年の三宮恵利子に並ぶ日本女子最高の総合2位に入った。同選手権で日本女子の表彰台は03年に新谷志保美(竹村製作所)が3位になって以来。  男子は長島圭一 …

全文を読む

2010年1月17日掲載
 スピードスケートの世界スプリント選手権第1日は16日、北海道の明治北海道十勝オーバルで500メートルと1000メートルの1回目を行い、女子は1000メートルを1分17秒26で制した吉井小百合(日本電産サンキョー)が500メートルでも38秒74で3位に入り77・370点で総合2位につけた。男子は前回総合2位の長島圭一郎(日本電産サンキョー)が500メートルで快勝し70・505点で総合3位。 女子総 …

全文を読む

2010年1月 7日掲載
 バンクーバー五輪スピードスケート代表の吉井小百合(25)ら日本電産サンキョー所属の4選手が6日、諏訪郡下諏訪町の同社で記者会見して五輪への決意を語った。 500メートル9位、1000メートル15位に終わったトリノ五輪を「悔いの残る試合」と振り返った吉井は、「こんどは4年間で積み重ねてきたものをしっかりと形にしたい。メダルを目指して頑張る」。500メートル、1000メートル、1500メートルの3種 …

全文を読む

2009年12月31日掲載
 スピードスケートのバンクーバー五輪代表選手選考競技会最終日は30日、長野市エムウェーブで男女1500メートルを行い、女子は中学3年生の高木美帆(北海道・札内中)が1分59秒47の日本中学新記録で制した。小平奈緒(相沢病院)は最終周にペースを落とし2位だった。男子は杉森輝大(吉羽木材)が1分47秒49の国内最高記録で優勝。中嶋敬春(十六銀行・佐久長聖高―日体大出)は3位に終わり五輪出場を逃した。  …

全文を読む

2009年12月30日掲載
 スピードスケートのバンクーバー五輪代表選手選考競技会第2日は29日、長野市エムウェーブで男女1000メートルと男子5000メートルを行い、男子1000メートルは小原唯志(日本電産サンキョー)が1分10秒17で制して初の五輪代表を決めた。女子1000メートルは五輪代表に決まっている吉井小百合(日本電産サンキョー)が1分17秒17で優勝し、小平奈緒(相沢病院)が2位に入った。 男子1000メートルは …

全文を読む

1
« 長島圭一郎(スピード) | メインページ | 吉井小百合(スピード) »

速報・記録など