小沢美夏(ショート)のニュース


2010年4月 3日掲載
 バンクーバー冬季五輪でスピードスケート・ショートトラック女子に出場した塩尻市出身の小沢美夏さん(24)=サンコー=は2日、同市役所を訪れ、小口利幸市長らに成績を報告した。市職員が、正面玄関から3階の懇談会場まで通路の両側に並んで歓迎。小沢さんは今季限りで一線を退くことを明らかにしており、市長らの「お疲れさまでした」の声に笑顔でうなずいていた。  バンクーバーでは3000メートルリレーで7位入賞、 …

全文を読む

2010年2月26日掲載
 バンクーバー五輪スピードスケートショートトラック男子500メートルに吉沢純平選手(24)=とらふぐ亭=が出場した25日、出身地・南佐久郡南牧村の南牧南小学校で応援会が開かれた。準々決勝進出が決まると、児童約90人や住民が大きな歓声を上げた。  児童らは同校プレイルームで中継を見ながら観戦。6年生の高見沢風翔(かける)君(12)は「すごくうれしい。次も力を入れて応援したい」と喜んでいた。吉沢選手の …

全文を読む

2010年2月22日掲載
 スピードスケート・ショートトラック女子1500メートル予選に出場した小沢美夏選手(24)=サンコー=の出身地・塩尻市の塩尻東地区センターでは、住民約80人が大型スクリーン前で観戦。父親の滝男さん(54)の友人の塩尻青年会議所シニア会員らがエールを送ったが、小沢選手は転倒して予選落ち。見守っていた住民らからは「ああっ」と落胆の声が上がった。  伯父の寿一郎さん(60)=塩尻市上西条=は「上位に残れ …

全文を読む

2010年2月15日掲載
 スピードスケート・ショートトラック女子3000メートルリレー予選に出場した小沢美夏選手(24)=サンコー=の地元、塩尻市の塩尻東地区センターでは、父の滝男さん(54)、母の京子さん(53)、姉の幸さん(26)=塩尻市上西条=と住民約100人が大型スクリーンの前で声援を送った。  今季のワールドカップ(W杯)ランキング1位の中国と前回トリノ五輪2位の地元カナダが同組という厳しい組み合わせ。日本は序 …

全文を読む

2010年2月11日掲載
 バンクーバー冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック女子に出場する塩尻市出身の小沢美夏選手(24)=サンコー=のユニホームなどを展示、応援を呼び掛ける特設コーナーが、同市役所1階ロビーに登場した。 小沢選手は2002年ソルトレークシティー、06年トリノの両冬季五輪でも代表で、今回はユニホーム、日本選手団公式ウエア、移動時に着たブレザーなどトリノ大会時の物を展示。いずれも小沢選手の家族から借り …

全文を読む

2010年2月 5日掲載
 県関係選手は25人が代表入り。トリノ大会より3人減ったものの、94人の日本選手団の4分の1を超える規模はトリノ大会を上回る。各競技のエース級も並び、好成績を期待できる布陣だ。  フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子は、力を出し切れば金メダルに手が届く位置にいる。昨季の世界選手権2冠が示すように実力は折り紙付き。初の五輪に挑む男子の西伸幸も攻撃的な滑りが成功すればチャンスが生まれる。  スピ …

全文を読む

2010年1月28日掲載
 塩尻市の塩尻東地区体育協会は、2月のカナダ・バンクーバー五輪の期間中、同地区出身の小沢美夏選手(24)=サンコー=が出場するスピードスケート・ショートトラック女子のレースを大画面で観戦する「パブリックビューイング」を行う。同地区センターにプロジェクターを設置する予定で、広く市民の来場を呼び掛けている。  小沢選手は1000メートル、1500メートル、3000メートルリレーに出場する。観戦日程は、 …

全文を読む

2010年1月10日掲載
 2月のカナダ・バンクーバー五輪スピードスケート・ショートトラック女子代表の小沢美夏選手(24)=サンコー=の壮行会が9日、出身地の塩尻市で開かれた。母校の塩尻中学校の生徒らが花束などを贈って激励。3大会連続で五輪に出場する小沢選手は「3回目ということで冷静なレース運びができるのでは。決勝に勝ち進めるようにしたい」と抱負を語った。 市や市体育協会の主催で、約100人が集まった。後援会の小松守会長は …

全文を読む

2010年1月 9日掲載
 バンクーバー冬季五輪に出場するスピードスケート・ショートトラックの日本代表チームが8日、南佐久郡南牧村で行っている合宿を公開した。 昨年12月28日に始まった合宿は今月20日まで。前半を技術向上と体力強化に充て、後半は実戦的なメニューを増やすという。この日は、補欠選手を含む男女6人ずつ計12人の選手がリレー形式で交代しながら周回を重ね、カーブワークなどを確認した。 3大会連続出場の小沢美夏(サン …

全文を読む

2009年12月21日掲載
 スピードスケート・ショートトラックのバンクーバー五輪代表最終選考会を兼ねた第33回全日本選手権最終日は20日、長野市のビッグハットで男女1000メートルと総合得点上位者による男女3000メートルを行い、女子は前日の500メートルを除いて全種目を制した桜井美馬(早大)が2年ぶりに総合優勝した。男子は2種目を制した高御堂雄三(トヨタ自動車)が初めて総合優勝した。 県勢は女子の小沢美夏(サンコー・塩尻 …

全文を読む

1
« 吉沢純平(ショート) | メインページ | 酒井裕唯(ショート) »

速報・記録など