酒井裕唯(ショート)のニュース


2010年3月26日掲載
 バンクーバー冬季五輪に出場した茅野市ゆかりの選手たちによる報告会が25日夜、茅野市民館で開かれた。市内のスケートクラブの小学生や住民ら約350人が集まり、大きな拍手を送った。  市ゆかりの選手を応援しようと発足した「市出場選手後援会」が主催。女子団体追い抜きで銀メダルを獲得した小平奈緒選手(23)=相沢病院=と、吉井小百合選手(25)=日本電産サンキョー、名取英理選手(24)=十六銀行=の3人が …

全文を読む

2010年3月20日掲載
 バンクーバー冬季五輪で茅野市ゆかりの選手を応援しようと発足した「市出場選手後援会」は25日夜、選手たちによる報告会をJR茅野駅前の茅野市民館で開く。スピードスケートの小平奈緒(23)=相沢病院、吉井小百合(25)=日本電産サンキョー、名取英理(24)=十六銀行=の3選手が出席。報告会に先駆けて午後7時から、3人が同駅改札口と市民館を結ぶ通路をパレードする。  後援会はこの3選手と、ショートトラッ …

全文を読む

2010年3月 9日掲載
 バンクーバー冬季五輪のスピードスケート・ショートトラックで女子500メートルと3000メートルリレーに出場した茅野市ゆかりの酒井裕唯(ゆい)選手(22)=早大=が8日、市役所を訪れ、柳平千代一市長らに五輪の様子を報告した。酒井選手は「もう一度あの舞台に戻りたい。あと4年しかないという思いで頑張る」と意欲を見せた。  酒井選手は、市スケート協会副会長で幼少期にスケートを教わった奈良原真理さん(62 …

全文を読む

2010年2月15日掲載
 茅野市では、ゆかりの選手たちを応援しようと14日、市役所議会棟に100インチの観戦用スクリーンが設けられた。住民やスケート関係者ら約60人が集まり、スピードスケート・ショートトラックの500メートルと3000メートルリレーの予選に出場した酒井裕唯(ゆい)選手(22)=早大=に声援を送った。  茅野市体育協会や市スケート協会などでつくる市出場選手後援会が、「パブリックビューイング」と名付けて企画し …

全文を読む

2010年2月10日掲載
 バンクーバー冬季五輪に出場する諏訪地方ゆかりの選手たちのレースを大画面で観戦、応援する「パブリックビューイング」の日程が固まった。茅野市役所とJR下諏訪駅前の旧下諏訪商工会議所、茅野市の泉野地区コミュニティセンターが会場で、五輪期間中は連日、早朝からの日程が組まれている。  旧下諏訪商議所では、下諏訪駅前の商業者らでつくる「日本電産サンキョースケート部サポーター」が企画。同部に所属するスピードス …

全文を読む

2010年2月 5日掲載
 県関係選手は25人が代表入り。トリノ大会より3人減ったものの、94人の日本選手団の4分の1を超える規模はトリノ大会を上回る。各競技のエース級も並び、好成績を期待できる布陣だ。  フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子は、力を出し切れば金メダルに手が届く位置にいる。昨季の世界選手権2冠が示すように実力は折り紙付き。初の五輪に挑む男子の西伸幸も攻撃的な滑りが成功すればチャンスが生まれる。  スピ …

全文を読む

2010年2月 3日掲載
 バンクーバー五輪に出場する茅野市出身の4選手を応援しようと発足した「市出場選手後援会」は五輪期間中、出場レースを大画面で観戦する「パブリックビューイング」を市役所で行う。テレビ中継は早朝から始まる日もあるが、市役所議会棟に大型のスクリーンを持ち込み、声援を送る。一方、現地の応援で使ってもらう旗も完成。近く家族に渡す。  後援会は市体育協会や市スケート協会などで結成。スピードスケートの吉井小百合( …

全文を読む

2010年1月14日掲載
 2月のカナダ・バンクーバー五輪スピードスケート・ショートトラック代表の酒井裕唯(ゆい)選手(22)=早大=の激励会が13日、諏訪市の城北小学校と上諏訪中学校、岡谷市の岡谷東高校でそれぞれ開かれた。3校はいずれも酒井選手の母校。児童・生徒の代表が激励の言葉を贈ったり、在校生全員で校歌を歌ったりしてエールを送った。 城北小での壮行会では、児童や教職員ら計約300人が酒井選手を拍手で出迎えた。山岡清孝 …

全文を読む

2010年1月 9日掲載
 バンクーバー冬季五輪に出場するスピードスケート・ショートトラックの日本代表チームが8日、南佐久郡南牧村で行っている合宿を公開した。 昨年12月28日に始まった合宿は今月20日まで。前半を技術向上と体力強化に充て、後半は実戦的なメニューを増やすという。この日は、補欠選手を含む男女6人ずつ計12人の選手がリレー形式で交代しながら周回を重ね、カーブワークなどを確認した。 3大会連続出場の小沢美夏(サン …

全文を読む

2009年12月21日掲載
 スピードスケート・ショートトラックのバンクーバー五輪代表最終選考会を兼ねた第33回全日本選手権最終日は20日、長野市のビッグハットで男女1000メートルと総合得点上位者による男女3000メートルを行い、女子は前日の500メートルを除いて全種目を制した桜井美馬(早大)が2年ぶりに総合優勝した。男子は2種目を制した高御堂雄三(トヨタ自動車)が初めて総合優勝した。 県勢は女子の小沢美夏(サンコー・塩尻 …

全文を読む

1  2
« 小沢美夏(ショート) | メインページ | 山浦麻葉(カーリング) »

速報・記録など