吉沢純平(ショート)のニュース


2010年2月26日掲載
 バンクーバー五輪スピードスケートショートトラック男子500メートルに吉沢純平選手(24)=とらふぐ亭=が出場した25日、出身地・南佐久郡南牧村の南牧南小学校で応援会が開かれた。準々決勝進出が決まると、児童約90人や住民が大きな歓声を上げた。  児童らは同校プレイルームで中継を見ながら観戦。6年生の高見沢風翔(かける)君(12)は「すごくうれしい。次も力を入れて応援したい」と喜んでいた。吉沢選手の …

全文を読む

2010年2月15日掲載
 スピードスケートのショートトラック男子1500メートルに出場した吉沢純平選手(24)=とらふぐ亭=の出身地、南佐久郡南牧村では、テレビの生放送を見ながらの応援観戦会が開かれた。親族や村民ら約60人が日の丸を手に力強く応援。吉沢選手は準決勝で敗退したが、「頑張ったよ」「次は4年後だな」と温かな言葉が贈られた。  同村板橋の村生活改善センターの大部屋に大型テレビを運び込んで行った。予選で転倒し、救済 …

全文を読む

2010年2月 5日掲載
 県関係選手は25人が代表入り。トリノ大会より3人減ったものの、94人の日本選手団の4分の1を超える規模はトリノ大会を上回る。各競技のエース級も並び、好成績を期待できる布陣だ。  フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子は、力を出し切れば金メダルに手が届く位置にいる。昨季の世界選手権2冠が示すように実力は折り紙付き。初の五輪に挑む男子の西伸幸も攻撃的な滑りが成功すればチャンスが生まれる。  スピ …

全文を読む

2010年1月 9日掲載
 バンクーバー冬季五輪に出場するスピードスケート・ショートトラックの日本代表チームが8日、南佐久郡南牧村で行っている合宿を公開した。 昨年12月28日に始まった合宿は今月20日まで。前半を技術向上と体力強化に充て、後半は実戦的なメニューを増やすという。この日は、補欠選手を含む男女6人ずつ計12人の選手がリレー形式で交代しながら周回を重ね、カーブワークなどを確認した。 3大会連続出場の小沢美夏(サン …

全文を読む

2009年12月20日掲載
 スピードスケート・ショートトラックのバンクーバー五輪代表最終選考会を兼ねた第33回全日本選手権第1日は19日、長野市ビッグハットで男女の500メートルと1500メートルを行い、男子500メートルで3位に入った吉沢純平(とらふぐ亭・南牧村出身)が、優勝した全日本距離別選手権との合計得点でトップに立ち初の五輪代表を確実にした。 男子1500メートルを制した高御堂雄三(トヨタ自動車)と女子1500メー …

全文を読む

1
« 名取英理(スピード) | メインページ | 小沢美夏(ショート) »

速報・記録など