The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2010参院選

期日前投票始まる

2010年6月25日

期日前投票をする有権者=25日午前8時半すぎ、長野市役所

 7月11日投開票の参院選で25日、県内全77市町村で期日前投票が始まった。県選管の集計によると、この日開設された投票所は各市町村役場など計90カ所。選挙戦中盤から後半にかけ、支所などに投票所を増やす市町村が多いという。
 松本市は、昨年夏の衆院選で初めて設けた松本駅東西自由通路の投票所を引き続き開設した。夜勤帰りの夫と訪れた市内の女性(39)は「子どもの将来をしっかり考えてくれる人を選んだ」。市内の別の女性(78)は「病院帰りに立ち寄れる便利な投票所。与党にしっかりしてもらいたいという思いをこめて投票した」と話していた。
 同市選管の吉田弘寿委員長は「北信の候補者が多いせいか出足はいま一歩。候補者も有権者の心に響く訴えをしてほしい」と求めていた。
 長野市役所本庁舎の投票所では、午前8時半の開場前から男性2人が投票開始を待った。同市小柴見の運送業村田慎さん(31)は「投票で重視したのは年金が将来も受け取れるような財政再建に向けた各党の姿勢。インターネットで調べて投票先を決めた」と話していた。

« 前の記事  特集トップに戻る  次の記事 »