信毎五輪ニュース

なでしこに熱い声援 長野でパブリックビューイング

2012年08月07日掲載

ロンドン五輪サッカー女子準決勝で「なでしこジャパン」に声援を送る観客たち=7日午前1時すぎ、長野市若里市民文化ホール

 7日未明に行われたロンドン五輪サッカー女子準決勝の日本―フランス戦。長野市若里の市若里市民文化ホールでは、大画面で試合中継を観戦する「パブリックビューイング」があった。「ニッポン、ニッポン!」―。「サッカーの聖地」ウェンブリー競技場で「なでしこジャパン」の懸命なプレーに、集まった観客約50人が熱い声援を送った。

 6日午後11時半ごろ、友人と4人で来場した近くの信大大学院2年の菅沼田(すがぬまた)直人さん(24)は「なでしこジャパンの実力を出し切って圧勝してほしい」と期待。会場では市民のボランティアが「必勝」などと書かれたシールを配り、観客たちは顔や腕に貼って雰囲気を盛り上げた。

 7日午前1時に試合が始まると、観客たちは縦約4メートル、横約7メートルのスクリーンに映し出された映像を一心に見つめた。先制すると、「やったー」と立ち上がり抱き合いハイタッチして喜んだ。

新着記事

ニュース

競技日程・結果速報

リンク