The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2013参院選

参院選スピーク=地方に経済恩恵ない 民主羽田氏、長野の事務所開きで

2013年06月11日(火)

 「国民にとって良い方向に行っているのか。地方には何の恩恵もない」。参院選県区(改選定数2)に立候補表明している民主党現職羽田雄一郎氏(45)は9日、長野市の事務所開きで、安倍政権の経済政策「アベノミクス」を批判した=写真。


 衆院に加え、参院でも与党勢力が伸長することを懸念。「野党がある程度の塊を持つことでチェック機能が果たせる」とし、参院で同党が一定の議席を確保することが必要と訴えた。


 保育士資格を持つ立場から「子どもの学びや育ちに責任の持てる国づくりをしてきた」と強調。「働く人の代弁者として、政策を作り実現させる」と述べた。