The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2013参院選

県区投票率、7ポイント減57.72% 全国は52.61%

2013年07月22日(月)

 第23回参院選の投票率(選挙区)は共同通信社の22日未明の集計で52・61%となり、前回2010年参院選の57・92%を5・31ポイント下回った。参院選としては1947年の第1回以降で3番目の低投票率だった。長野県区の投票率は前回から7・00ポイント低下の57・72%。


 地方区という名称だった時期を含め参院選選挙区の最低の投票率は95年の44・52%。2番目が92年の50・72%。


 今回の投票率のうち都道府県別で最も高いのは島根の60・89%で、山形の60・76%、鳥取の58・88%が続いた。最も低いのは青森で46・25%。次いで岡山の48・88%、千葉の49・22%だった。


 投票率は各都道府県の選挙管理委員会が発表した数字を基に独自にまとめた。