The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2014 長野県知事選

知事選10日投票、即日開票へ

2014年08月10日(日)

 任期満了に伴う知事選は17日間の論戦を終え、10日投開票される。届け出順に、再選を目指す現職の阿部守一氏(53)=長野市、新人で信州大名誉教授の野口俊邦氏(71)=上伊那郡南箕輪村、新人で会社社長の根上隆氏(64)=さいたま市=の無所属3人が立候補している。このうち、阿部氏と野口氏が論戦を展開。現県政の継続か転換か、有権者の判断が下される。
 選挙戦最終日の9日は、阿部氏、野口氏がともに長野市の市街地や住宅地を中心に遊説し、支持を訴えた。根上氏は県内で選挙運動をしていない。
 投票は、県内1481カ所で午前7時から、須坂市峰の原高原の1投票所で午前8時から行われる。46市町村の308投票所で午後8時の投票終了時刻を繰り上げる。1時間繰り上げて午後7時投票終了とするのは270投票所、2時間繰り上げは29投票所、3時間繰り上げは9投票所。46市町村のうち18町村は、全投票所で投票終了時刻を早める。
 開票は早い所で午後8時から始め、終了は最も遅い長野市で午後11時40分ごろ。阿部氏は長野市県町のホテル国際21、野口氏は同市早苗町の選挙事務所でそれぞれ支持者と開票結果を見守る予定。
 7月23日現在の有権者数は175万1844人(男84万6650人、女90万5194人)。