The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2012衆院選

投票結果集計でもトラブル 松本市選管

2014年12月15日(月)

 14日投開票の衆院選で開票結果を訂正した松本市選挙管理委員会は15日、投票結果の集計でもトラブルがあったことを明らかにした。投票を棄権した人の投票用紙を、残票に入れる袋とは別の袋に保管したため、残票に加算しなかったという。このため投票結果確定に時間がかかり、結果の公表は午後10時20分ごろになった。


 市選管によると、投票所1カ所で、最高裁裁判官の国民審査の投票用紙を受け取った有権者16人が投票を棄権し、用紙を返した。現場の担当者が別の袋に入れたため、投票用紙の数との整合性が取れなくなったという。市選管は「担当者への周知が徹底していなかった」としている。


 市選管は15日未明、無効票29票を加算していなかったとして訂正した。


<<前の記事  トップに戻る  次の記事>>