高校野球2009
春の北信越大会
県勢、夏に向け収穫 長聖・長野日大、攻撃面に課題
2010年6月 9日更新

 今大会の県勢は、佐久長聖が3季連続で4強入り。長野日大は準々決勝で、丸子修学館と上田西は初戦で敗退した。4校それぞれが夏に向けて自信や課題を得た。
 佐久長聖は収穫が多かった。夏の長野大会の準決勝と決勝を想定した1回戦と準々決勝で、下田、高野が好投。砺波工(富山)と新潟明訓の各県1位校を零封した。両右腕にめどが立ち、準決勝で2年生小林昌に経験を積ませることもできた。
 一方で、攻撃面は課題を解消できなかった。選手や打順を入れ替えるなど、得点力アップを狙い試行錯誤したが、納得いく成果を挙げられなかった。細かいミスが出た守備とともに、夏本番までにバントや走塁を含めた攻撃の精度を高める必要がありそうだ。
 長野日大は十日町(新潟)に快勝したものの、福井工大福井の好投手を攻略しきれなかった。終盤で3点差を追いつく粘りを見せたが、何度かあった勝機をつかめなかった。エース加藤が昨夏の甲子園から続いていた不振から脱し、互角に投げ合えた点は収穫。現時点で淡泊に映った攻撃を、残り1カ月でどこまで高められるかが夏連覇のポイントになるだろう。
 丸子修学館は県大会で防御率0・90と好投したエース小林和が11失点で一回途中降板する大誤算。投手陣を軸とする戦い方に手応えをつかみかけていただけに、痛すぎる敗戦になった。6点を返した打線の勝負強さを生かすためにも、投手陣の自信回復と立て直しが急務だ。
 上田西は、エース五明と1年生相場が安定した投球で選抜大会出場校の高岡商(富山)と接戦を演じた。だが、打線が4安打と好機をつくれず、得点力アップという課題があらためて明確になった。不安定な守備とともに鍛え直したい。
 優勝した福井工大福井は投手力が抜きんでていた。長打力のある打者がそろう打線も迫力があった。遊学館、星稜(ともに石川)はレギュラーの半数を下級生が占めており、秋の北信越大会でも県勢の強力なライバルになりそうだ。





 日本が見える 47news 地域の銘品・名店勢揃い【47CLUB】

QRコード 従来型携帯のサイト「信毎プレミアム」(有料)などで試合速報を掲載。(NTTドコモ「iモード」、au「EZweb」、ソフトバンク「ウェブ」でご利用ください)

スマートフォンの「信毎プレミアム」(有料)でも試合速報をご覧になれます。
http://sp.shinmai.co.jp/sp/

秋の北信越大会
秋の北信越県大会
夏の全国大会
夏の長野大会
号外 松本工が初の甲子園へ
勝ち上がり表
7月25日 決勝 松本工、初の甲子園
7月24日 松商と松本工が決勝へ 初の松本対決に
7月22日 準々決勝 ベスト4出そろう
7月21日 準々決勝 上田千曲が初の準決勝
7月19日 4回戦 東海大三、打線勢い
7月18日 長野商などベスト16出そろう
7月17日 3回戦 長野一丸、延長制す
7月16日 2回戦 長野吉田、守り勝ち
7月15日 1,2回戦 松本工、延長サヨナラ
7月14日 1,2回戦 長商、上回った執念
7月13日 2回戦 長野日大が二回8得点
7月12日 1回戦 創造学園、一気の逆転
7月11日 1回戦 長野南、走って勝機
7月10日 開幕戦 篠ノ井がコールド勝ち
甲子園切符懸け混戦 10日開幕、長聖・長野日大を軸に
高校野球長野大会の組み合わせ決まる
春の北信越大会
春の北信越県大会
センバツ
過去の高校野球特集


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
Copyright© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun