高校野球2009
夏の長野大会
甲子園切符懸け混戦 10日開幕、長聖・長野日大を軸に
2010年7月 9日更新

 第92回全国高校野球選手権長野大会は10日、松本市野球場で参加93校による開会式を行い、高遠-篠ノ井の開幕戦でスタートする。飛び抜けた力を持ったチームはないものの、優勝争いは総合力で佐久長聖と長野日大が一歩リード。長野、松本工、松本第一、地球環境が上位をうかがうほか、春季県大会上位の丸子修学館と上田西、松商学園なども小差で追う混戦だ。
 佐久長聖は高野、下田の両右腕が安定しており失点が計算できる。打線に破壊力がなく先行されると苦しいが、堀越、丸岡、大井を軸に機動力を生かして着実に得点できる。昨秋、今春の北信越大会は連続ベスト4。あと一歩で選抜大会出場を逃しており、甲子園に懸ける思いは強い。
 2連覇を狙う長野日大は、昨夏の甲子園を経験する右腕加藤の復調が好材料。フォーム矯正で四死球が減り、失点が少なくなった。加藤がいい状態で後半戦を迎えられるよう、右腕前沢、左腕藤綱らの力も欠かせない。甲子園経験者の新村と赤羽が引っ張る打線はしぶとさを発揮したい。
 昨秋の県大会で優勝した長野は、右腕西沢が右ひじ痛から復帰し、羽入田との2本柱が確立した。西沢一人に頼った秋より投手力がアップし、下位打者が力をつけて攻撃力も上がった。プロ球団のスカウトが評価する右腕柿田を擁する松本工にも注目。柿田は最速142キロの速球に落差のあるスライダーを織り交ぜる。大崩れは考えにくく、頂点を目指すには打線の奮起が欠かせない。
 昨夏の準優勝メンバー5人が残る松本第一は、下山、山田ら投手陣が充実。攻撃力は昨夏より落ちるため、大会序盤で波に乗れるかがポイントだろう。地球環境は長打力を秘めた打者がそろい、シード校を脅かす存在。複数投手の起用法が鍵になりそうだ。
 今春の県大会で優勝しながら北信越大会は大敗した丸子修学館は、小林和、黒岩ら投手陣をどこまで立て直せたか。昨秋、今春の北信越大会に連続出場した上田西は、五明、相場ら投手陣を打線が援護できるか。松商学園はエース平間の調整が遅れている点が気掛かり。松森、熊谷ら投手陣の奮起が求められる。
 破壊力のある打線と左腕速水が安定している東海大三、左腕上田を中心に守り勝つ展開を狙う諏訪清陵のシード2校も力がある。2回戦の伊那弥生ケ丘-長野商は、序盤の好カードの一つ。下級生主体の都市大塩尻、好投手がいる飯田風越や松代、飯山などにも注目したい。





 日本が見える 47news 地域の銘品・名店勢揃い【47CLUB】

QRコード 従来型携帯のサイト「信毎プレミアム」(有料)などで試合速報を掲載。(NTTドコモ「iモード」、au「EZweb」、ソフトバンク「ウェブ」でご利用ください)

スマートフォンの「信毎プレミアム」(有料)でも試合速報をご覧になれます。
http://sp.shinmai.co.jp/sp/

秋の北信越大会
秋の北信越県大会
夏の全国大会
夏の長野大会
号外 松本工が初の甲子園へ
勝ち上がり表
7月25日 決勝 松本工、初の甲子園
7月24日 松商と松本工が決勝へ 初の松本対決に
7月22日 準々決勝 ベスト4出そろう
7月21日 準々決勝 上田千曲が初の準決勝
7月19日 4回戦 東海大三、打線勢い
7月18日 長野商などベスト16出そろう
7月17日 3回戦 長野一丸、延長制す
7月16日 2回戦 長野吉田、守り勝ち
7月15日 1,2回戦 松本工、延長サヨナラ
7月14日 1,2回戦 長商、上回った執念
7月13日 2回戦 長野日大が二回8得点
7月12日 1回戦 創造学園、一気の逆転
7月11日 1回戦 長野南、走って勝機
7月10日 開幕戦 篠ノ井がコールド勝ち
甲子園切符懸け混戦 10日開幕、長聖・長野日大を軸に
高校野球長野大会の組み合わせ決まる
春の北信越大会
春の北信越県大会
センバツ
過去の高校野球特集


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
Copyright© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun