高校野球2009
夏の全国大会
7日開幕戦対決 松本工と九州学院の監督対談
2010年8月 7日更新
握手する松本工の中村定史監督(左)と九州学院の坂井宏安監督

 松本工の中村定史監督と九州学院の坂井宏安監督が6日、甲子園球場で対談した。
 -どんな試合展開を望むか。
 中村監督 うちは打力がないのでロースコアに持ち込みたい。ピッチャーが2、3点に抑えてくれれば理想の展開。序盤の一回をすんなりと入りたい。
 坂井監督 うちも守りのチーム。序盤の三回までにミスをしなければ四回以降は自分たちのペースの試合ができると思う。(松本工の)投手は能力が高いので3点以上取られると苦しい。3点以内の勝負に持ち込みたい。
 -ポイントになる選手は。
 中村監督 柿田が本来の落ち着いた投球をできるかどうか。九州学院は(エースの)渡辺君。すごいスライダーで右バッターは打てないと聞いている。
 坂井監督 うちはバッテリーのコンビが配球の組み立てをどうするか。打線はクリーンアップが打てないと厳しい。松本工の柿田君はプロ注目の投手と聞いているので、乗せてしまうと手が出なくなる。
 -相手投手をどう攻略するか。
 中村監督 コントロールの良い投手なので、狙い球を決めて思い切って打たせたい。打線も県大会で組み替え、つながりが出てきている。
 坂井監督 対策はないが、打順が一回りした所の感覚で考えたい。中軸など打つべき者が打てば試合がやりやすくなる。





 日本が見える 47news 地域の銘品・名店勢揃い【47CLUB】

QRコード 従来型携帯のサイト「信毎プレミアム」(有料)などで試合速報を掲載。(NTTドコモ「iモード」、au「EZweb」、ソフトバンク「ウェブ」でご利用ください)

スマートフォンの「信毎プレミアム」(有料)でも試合速報をご覧になれます。
http://sp.shinmai.co.jp/sp/

秋の北信越大会
秋の北信越県大会
夏の全国大会
夏の長野大会
号外 松本工が初の甲子園へ
勝ち上がり表
7月25日 決勝 松本工、初の甲子園
7月24日 松商と松本工が決勝へ 初の松本対決に
7月22日 準々決勝 ベスト4出そろう
7月21日 準々決勝 上田千曲が初の準決勝
7月19日 4回戦 東海大三、打線勢い
7月18日 長野商などベスト16出そろう
7月17日 3回戦 長野一丸、延長制す
7月16日 2回戦 長野吉田、守り勝ち
7月15日 1,2回戦 松本工、延長サヨナラ
7月14日 1,2回戦 長商、上回った執念
7月13日 2回戦 長野日大が二回8得点
7月12日 1回戦 創造学園、一気の逆転
7月11日 1回戦 長野南、走って勝機
7月10日 開幕戦 篠ノ井がコールド勝ち
甲子園切符懸け混戦 10日開幕、長聖・長野日大を軸に
高校野球長野大会の組み合わせ決まる
春の北信越大会
春の北信越県大会
センバツ
過去の高校野球特集


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
Copyright© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun