高校野球2014
秋の北信越大会
10月26日 決勝 松商「通過点」の準優勝
2014年10月26日(日)
松商学園―敦賀気比 七回敦賀気比無死、平沼(左)に本塁打を浴び肩を落とす松商先発の恩田

 来春の選抜大会の代表選考資料となる第131回秋季北信越高校野球大会は26日、金沢市の石川県立球場で決勝を行い、松商学園(長野1位)は0―6で敦賀気比(福井2位)に敗れ、準優勝となった。
 2000年春季大会以来の優勝はならなかったが、選抜大会(北信越地区から一般選考で2枠)出場が有力だ。
 松商学園の先発恩田は一回に先制され、その後も毎回のように安打を許し、7回5失点。打線は敦賀気比のエース平沼に3安打完封された。優勝した敦賀気比は11月14〜18日に神宮球場(東京)で開く明治神宮大会に北信越代表として出場する。
 来年3月21日に甲子園球場で開幕する選抜大会は出場32校(一般選考28校、特別枠4校=21世紀枠3、神宮大会枠1)のうち北信越地区から一般選考で2校を選ぶことを決めている。出場校は来年1月23日に開く選考委員会で決定する。

★決勝(終了)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
松商学園(長野1位)
敦賀気比(福井2位) ×
(石川県立)
(松)恩田、徳田、羽賀-松原、阿藤
(敦)平沼-嘉門

▽本塁打
(敦)平沼




 日本が見える 47news 地域の銘品・名店勢揃い【47CLUB】

QRコード 従来型携帯のサイト「信毎プレミアム」(有料)などで試合速報を掲載。(NTTドコモ「iモード」、au「EZweb」、ソフトバンク「ウェブ」でご利用ください)

スマートフォンの「信毎プレミアム」(有料)でも試合速報をご覧になれます。
http://sp.shinmai.co.jp/sp/


秋の北信越大会
秋の北信越県大会
夏の全国大会
夏の長野大会
春の北信越大会
春の北信越県大会
センバツ
4月2日 決勝 龍谷大平安、初の春V
4月1日 準決勝 龍谷大平安と履正社が決勝進出
3月31日 準々決勝 龍谷大平安、40年ぶりベスト4
3月30日 2回戦 完封劇 再試合は桐生第一
3月29日 2回戦 明徳、関東第一破り8強
3月28日 2回戦 佐野日大、初の8強
3月27日 1,2回戦 履正社、サヨナラで8強
3月26日 1,2回戦 雨で順延の6校、室内練習場で汗
3月25日 1回戦 東海大三、流れつくれず
東海大三が最終調整 25日の初戦突破を目指す
「最高の状態へ」選手をサポート マネジャー熊谷君
3月24日 1回戦 延長15回、明徳サヨナラ
3月23日 1回戦 沖縄尚学、1点守り抜く
3月22日 1回戦 粘る豊川、13回サヨナラ
幼なじみの2人、夢の舞台行進 小林選手と青木選手
東海大三、胸高鳴る入場行進 熱戦スタート
3月21日 1回戦 履正社右腕、1安打完封
東海大三高と新庄高監督が対談
開会式リハ、雨で中止 観客席歩き流れ確認
東海大三、守備を確認 甲子園練習
東海大三、憧れの甲子園で練習 喜びかみしめ
東海大三、大阪で練習試合 関大北陽と2戦
東海大三ナイン 大阪入り
東海大三、センバツで飛躍を 野球部員が甲子園へ出発
東海大三は広島の新庄と対戦 第5日の第1試合
東海大三、練習試合で連敗
東海大三は18日 甲子園練習の日程発表
春の喜び踏み締め始動 東海大三、センバツへ静岡合宿
見せるぞ粘りの東海大三 雪のグラウンドで勝利の誓い
東海大三、センバツ切符 15年ぶり3回目
過去の高校野球特集


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun