高校野球2017
春の北信越県大会
5月18日 決勝 小諸商、61年ぶり優勝
2017年5月18日(木)
小諸商―東海大諏訪 四回小諸商2死満塁、渡辺が左前に2点適時打を放つ(投手早川、捕手池田)

 第136回春季北信越高校野球県大会(信濃毎日新聞社協賛)最終日は18日、しんきん諏訪湖スタジアムで決勝と3位決定戦が行われ、決勝は小諸商(東信2位)が10―7で東海大諏訪(南信1位)に勝ち、1956(昭和31)年秋以来となる2度目の優勝を飾った。
 小諸商は二回に先制すると、三回1死二塁からの長短3連打とスクイズで3点を加えた。四回は渡辺の2点適時打などで3点を追加。七回にも脇本の適時三塁打などで3点を挙げ、最大で10点差をつけた。
 3位決定戦は、上田西(東信4位)が15安打11得点で東京都市大塩尻(中信3位)にコールド勝ちした。
 小諸商と東海大諏訪の2校は、6月3〜6日に新潟県のハードオフ新潟と三条パール金属の両球場で開かれる北信越大会に出場する。組み合わせは25日に決まる。
 今大会の結果により、7月の第99回全国高校野球選手権長野大会のシード順位も決まり、別表の通りになった。

17051904.jpg

★3位決定戦(終了)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
都市大塩尻        
上田西 ×         11
(しんきん諏訪湖スタジアム 5回コールド)
(都)高木-塚原
(上)権田、林部、小金沢-塩原

▽本塁打
(上)林部


★決勝(終了)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
小諸商業 10
東海大諏訪
(しんきん諏訪湖スタジアム)
(小)柳沢、石井、柳沢、高橋-山口
(東)宮沢、早川、井原、宮本-池田、中野





QRコード 従来型携帯のサイト「信毎プレミアム」(有料)などで試合速報を掲載。(NTTドコモ「iモード」、au「EZweb」、ソフトバンク「ウェブ」でご利用ください)

スマートフォンの「信毎プレミアム」(有料)でも試合速報をご覧になれます。
http://sp.shinmai.co.jp/sp/
 日本が見える 47news 地域の銘品・名店勢揃い【47CLUB】


秋の北信越大会
秋の北信越県大会
夏の全国大会
夏の長野大会
春の北信越大会
春の北信越県大会
センバツ
過去の高校野球特集


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun