高校野球2018
夏の長野大会
熱い夏、幕開け
2018年7月 8日(日)

 第100回全国高校野球選手権記念長野大会は8日、全85チームが参加して松本市野球場で開会式が行われ、夏の甲子園出場を懸けた熱戦が幕を開ける。
 正午に始まる開会式は、前回大会優勝の松商学園を先頭に、南信、中信、北信、東信の順に入場行進する。アルペンスキーで五輪出場を目指す前田茉里乃さん(松商学園3年)が選手を先導。第1回大会が行われた1915(大正4)年以前に創部された松本深志(松本中)長野(長野中)諏訪清陵(諏訪中)飯田(飯田中)上田(上田中)大町岳陽(大町中)飯山(飯山中)野沢北(野沢中)松商学園(松本商)岡谷工(諏訪蚕糸)の10校の部員が当時のデザインのユニホームを着用し、入場行進する。選手宣誓は岡谷南の小林泰輝主将が務める。
 開会式に続き、午後2時半から木曽青峰―長野吉田の開幕戦が行われる。9日からは松本市野球場に加え、長野オリンピックスタジアム、上田県営、しんきん諏訪湖の計4球場で行う。順調に日程が進めば、16日にベスト8が出そろい、22日に甲子園出場校が決まる。






QRコード 従来型携帯のサイト「信毎プレミアム」(有料)などで試合速報を掲載。(NTTドコモ「iモード」、au「EZweb」、ソフトバンク「ウェブ」でご利用ください)

スマートフォンの「信毎プレミアム」(有料)でも試合速報をご覧になれます。
http://sp.shinmai.co.jp/sp/
 日本が見える 47news 地域の銘品・名店勢揃い【47CLUB】


秋の北信越大会
秋の北信越県大会
夏の全国大会
夏の長野大会
春の北信越大会
春の北信越県大会
センバツ
過去の高校野球特集


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun