信州ブレイブウォリアーズニュース

3季目に向けて選手たちを指導する河合竜児・新監督(中央)

 プロバスケットボール男子bjリーグの信州ブレイブウォリアーズは8日、千曲市更埴体育館で2013〜14年シーズンに向けた練習を初めて行った。河合竜児・新監督が指導し、3季目に向けたチームが本格スタートした。
 練習には斉藤洋、斎藤崇、宇都宮ら日本人5選手が参加。走り込みながらシュート練習をするなど、スタミナ強化とシュート精度を上げるメニューを中心に約2時間、汗を流した。
 河合監督は試合を意識したパスの出し方なども細かく注意。斉藤洋は「初日からきついメニューだったけれど、基礎の部分も細かく助言してくれたので実になることが多かった」。さらにチームは選手とスタッフに茶髪や長髪などを禁止するルールも設けた。河合監督は「徐々にチームを変えて緊張感のある内容にしていきたい」と意気込んでいた。今月中に、今野、楯の新規選手も合流予定だ。

新着ニュース