2016年9月の記事一覧

 バスケットボール男子Bリーグ2部は25日、各地で行った。信州ブレイブウォリアーズは千曲市戸倉体育館でバンビシャス奈良と対戦し、74―96で敗れた。信州は開幕2連敗となった。  信州は第1クオーター(Q)に奈良のセンター、オガデに7得点を許すなど27失点して11点差を付けられた。第2Qは奈良の3点シ …

全文を読む

 バスケットボール男子Bリーグ2部は24日、各地で開幕した。昨シーズンまでTKbjリーグに所属していた信州ブレイブウォリアーズは本拠地の千曲市戸倉体育館でバンビシャス奈良と対戦し、72―74で逆転負けした。  信州は第1クオーター(Q)終盤に武井(松商学園高―国学院大出)、上杉の連続得点で抜け出して …

全文を読む

 24日に開幕するバスケットボール男子Bリーグ2部の信州ブレイブウォリアーズの出陣式が21日夜、チームの活動拠点の千曲市で開かれた。選手全12人や小野寺龍太郎監督、運営会社の片貝雅彦社長が、集まったブースター(ファン)ら70人余の前で今季の活躍を誓った。  信州ブレイブウォリアーズは24、25日にバ …

全文を読む

 バスケットボール男子のBリーグは、22日に1部(B1)、24日に信州ブレイブウォリアーズが参戦する2部(B2)が開幕し、最初のシーズンが始まる。実業団の流れをくむナショナルリーグ(NBL)と、完全プロだったTKbjリーグが統合され、真の日本一が決まる。昨季までTKbjリーグに所属した信州は2部中地 …

全文を読む

日本人選手を軸に優勝狙う

2016年9月22日掲載

 昨季までbjリーグで5シーズンを戦った信州は2部から再出発。国内男子の「改革元年」に信州を率いる小野寺監督は、「日本人選手がチームを引っ張り、得点する戦いで優勝を狙う」と言葉に力を込める。  重視するのは「攻守の切り替えの速さ」(小野寺監督)だ。隙あらばダブルチームでボールを奪う厳しい守備を徹底。 …

全文を読む

 鮮やかに3点シュートを決めたかと思えば、鋭いドリブル突破でゴールに迫る。203センチ、106キロの体でフォワードからセンターまでこなすプレースタイルが持ち味だ。  日本でプレーするのは初めて。全米大学体育協会1部のサンノゼ州立大を卒業後はオランダへ。当初はインサイドが中心だったが、その後に移籍した …

全文を読む

 内外角のプレーを堅実にこなす力とチームを引っ張る統率力を兼ね備える。小野寺監督が「彼はチームにとって要の存在」と一目置く29歳の実力は各国を渡り歩いて磨いた。  全米大学体育協会1部のカリフォルニア大を卒業後は、トルコやbjリーグの岩手(1部)、ドイツなどでプレーした。特に力を付けたのはドイツ時代 …

全文を読む

 バスケットボール男子Bリーグ2部の信州ブレイブウォリアーズは17日、新潟県佐渡市のサンテラ佐渡スーパーアリーナで同1部の新潟アルビレックスと開幕前、最後のプレシーズン試合を行い、68―90で敗れた。  信州は和田が14得点、古橋が12得点、カーターが12得点を挙げたが、及ばなかった。  2部は24 …

全文を読む

 10日のプレシーズン試合、三遠(1部)戦では豪快なダンクシュートを決めて観客を沸かせた。203センチ、109キロの屈強な体を持つ26歳は「走力とゴール下のプレーが自分の持ち味だ」と胸を張る。  米国出身で、全米大学体育協会1部のバージニアコモンウェルス大出。卒業後に来日し、2014~15年シーズン …

全文を読む

 東海大在学中の3月に信州の練習生となり、卒業して迎えた今季、晴れて選手契約を射止めた。プロ生活の第一歩を踏み出す23歳は「まずは出場時間を増やして、チームの勝利に貢献できるようになりたい」と目標を掲げる。  佐賀県唐津市出身。地元の唐津東高で国体に出場し、東海大に進んだ。同大は全国屈指の強豪校。レ …

全文を読む

1  2
« 2016年8月 | メインページ | 2016年10月 »