信州ブレイブウォリアーズニュース

 バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは11、12日に名古屋市枇杷島スポーツセンターで中地区5位のFE名古屋と対戦する。前節で連敗して同4位に後退した信州は、上位争いに踏みとどまりたい。
 FE名古屋は昨季は身長216センチのアラビ(福島)ら強力なインサイドを中心に中地区2位だったが、今季はメンバーの入れ替わりもあって苦戦している。それでも、シューターのガード福沢(東海大三高―関西大出)やフォワード神津(浅間中―洛南高―法大出)ら個の得点力は高い。
 信州は前節、2試合連続で成功率10%台と低調だった3点シュートで流れをつかめるかが鍵。内角を生かして、外角にスペースを生み出したい。小野寺監督は「(武器の)速攻も減ってきている。守備とリバウンドを徹底して増やしたい」とする。

新着ニュース