信州ブレイブウォリアーズニュース

 若手育成を目的とした特別指定選手契約で信州に入団した。プロの舞台に足を踏み入れた拓大4年生は「少しでも出場機会をもらって主力になることが目標」と目をぎらつかせて決意を語る。
 諏訪郡富士見町出身。富士見中卒業後は「強いチームを倒したい」と佐久長聖高に進んだ。猛練習で力をつけ、主将として臨んだ3年時の全国高校選抜優勝大会県予選では、決勝で東海大三(現・東海大諏訪)の連覇を6で止めて優勝。チームを初の全国大会に導いた。
 進学した拓大でも主将となり、昨年の関東大学リーグ戦では筑波大など強豪を抑えて31年ぶりの優勝を果たした。
 持ち味の3点シュートや粘り強い守備に加え、「ルーズボールに飛びつくなど、記録に残らない泥くさいプレーを見てほしい」。高校、大学で主将を務めてきただけに統率力も申し分ない。身長185センチ、86キロ。

新着ニュース