読者センターは2005年4月、読者サービスの向上を図るため、社長直属の組織として発足しました。信濃毎日新聞社に対する問い合わせや要望などにスムーズに対応し、読者との交流や、学校などで新聞を活用するNIE(教育に新聞を)活動にも力を入れ、社内の連絡調整役も果たしています。
 読者との交流は、本社見学の受け付けと説明案内のほか、長野本社内の「新聞作り教室」でパソコンを使った新聞作り体験の指導もしています。小学生の社会見学や中学、高校生の職場体験、成人グループの社内見学などを、日曜・祝日を除き毎日受け入れています。
 NIEは本社での見学、職場体験のほか、新聞作りや新聞の役割、新聞活用のための外部講座への講師派遣にも応じています。県内の新聞・通信各社と県教委などでつくる長野県NIE推進協議会の事務局も読者センターが担当し、県レベルのNIE活動拡充にも努めています。          
 ほかに信毎読者モニター調査の実施事務局や、月1回の紙面「信毎だより」の編集窓口もしています。

見学や新聞作り体験、講師派遣などの申し込みは読者センター(電話026・236・3215)へ。

代表取締役社長 小坂健介


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
Copyright© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun