TOP検索結果

支援・ボランティアの記事一覧

6月
22

福島の小学生とサッカー交流大会 千曲で29・30日、リストバンドで費用捻出

 千曲市サッカー協会などは29、30日、東日本大震災で被災した福島県の小学生と県内の小学生がサッカーを楽しみながら理解を深める交流大会を千曲 …全文を読む
2013年6月22日掲載

6月
19

フラッグつなぎ応援イベント 山雅サポーター南三陸町で23日

 サッカーJ2松本山雅FCのサポーター有志が23日、東日本大震災で被災した宮城県南三陸町の商店街を応援しようと、現地で地元の人たちと一緒にイ …全文を読む
2013年6月19日掲載

5月
15

「支援に感謝」南三陸町長が原村来訪 「姉妹都市に」互いに提案

 東日本大震災で被災した宮城県南三陸町の佐藤仁(じん)町長(61)が14日、諏訪郡原村役場に清水澄村長を訪ね、職員を派遣してもらったり、救援 …全文を読む
2013年5月15日掲載

4月
08

福島の親子をことしも招待 8月安曇野へ、プログラムを議論

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被災者を支援している中信地域の有志のネットワーク「安曇野ひかりプロジェクト」は7日、福島県内の親子 …全文を読む
2013年4月 8日掲載

3月
22

白馬おじさんバンド、福島へ出張演奏 仮設住宅でお年寄りを激励

 大町市や北安曇郡白馬村などの有志でつくる「白馬おじさんバンド」が21日、東京電力福島第1原発事故で今も避難生活を強いられている福島県飯舘村 …全文を読む
2013年3月22日掲載

3月
11

絆は消えない 信州から続く被災地支援

 東日本大震災から11日で丸2年。長野県内から今も継続的な支援を続ける団体や個人が少なくない。子どもや保護者の心のケアに力を入れたり、被災地 …全文を読む
2013年3月11日掲載

3月
05

避難者らでつくる信州福島県人会 シンボルマークやロゴ募集

 福島県から長野県に避難する人らでつくる信州福島県人会は、会を広く知ってもらおうと、シンボルマークや会名のロゴ(デザインされた文字)を作るこ …全文を読む
2013年3月 5日掲載

2月
23

福島の仮設で暮らすお年寄り80人 大町温泉郷が4月に無料招待

 東京電力福島第1原発事故で避難し、仮設住宅暮らしを続ける福島県飯舘村のお年寄りに息抜きをしてもらおうと、大町市の大町温泉郷のホテルや商店が …全文を読む
2013年2月23日掲載

2月
03

復興の願いをタイムカプセルに 松本と福島の若者

 東日本大震災の被災地支援を続ける松本市の有志らでつくる「支援部隊みらい」と、福島市で活動する「復興支援団体しきだん会」が、被災者や支援者の …全文を読む
2013年2月 3日掲載

11月
07

ストラップで栄村復興支援 桜美林大生が企画し商品化

 昨年3月の県北部地震で被災した下水内郡栄村を支援しようと、桜美林大(東京)で地域活性化や中小企業などを研究する学生が携帯電話のストラップを …全文を読む
2012年11月 7日掲載
前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
« 長野県北部地震 | メインページ | 生活・ライフライン »

災害用掲示板(安否確認)