TOP2011年03月震災で県内への避難699人 9割超が福島から

 東日本大震災で県外被災地から長野県内へ避難している人が、少なくとも42市町村で計699人に上ることが30日、信濃毎日新聞が行った全県調査で分かった。被災地が分かっている691人のうち、福島第1原発事故の影響が大きい福島県からの避難者が674人と約98%を占める。個人的なつてで避難し、自治体が把握しきれていないケースもあるとみられ、避難者はさらに多いとみられる。

 県内77市町村が29日時点で把握している状況をまとめた。把握されている避難世帯数は計214世帯、中学生以下の避難者は計88人。被災地はほかに宮城県が14人、茨城県が3人。

 福島県からは原発周辺の避難区域、屋内退避区域やその周辺からの避難が多い。飯田下伊那地方では5市町村で南相馬市から110人を、駒ケ根市の県の知的障害者総合援護施設「西駒郷」はいわき市のグループホームなどで暮らす知的障害者と職員の79人を受け入れた。判明している受け入れ先は公営住宅164人、民間住宅249人など。

 また、中学生以下の避難者がいるかどうかを把握できていない自治体もあった。新学期を控え、就学希望の把握が急務になりそうだ。

 県によると、30日午後5時現在、34市町村に652人の避難を確認しているという。

 一方、本社調査では、県北部地震で大きな被害があった下水内郡栄村から飯山市が19世帯56人を公営住宅などで受け入れているほか、下高井郡野沢温泉村が2世帯3人を村内の旅館で、長野市が1世帯2人を市営住宅でそれぞれ受け入れていると分かった。

2011年3月31日掲載

災害用掲示板(安否確認)