TOP2011年03月栄村の避難所3カ所に縮小 水道の復旧進み

 栄村は29日、12日の県北部地震以降、村内7カ所に設けてきた避難所を村役場、北信小学校、北野天満温泉の3カ所に縮小した。被災後、一時は1700人を超える住民が避難していたが、水道設備が徐々に復旧し、帰宅できる人が増えた。ただ、依然、村役場に85人、北信小学校に93人、北野天満温泉に53人の計231人が避難所生活を続けている。

 村によると、水道が復旧していないのは平滝、横倉、青倉、森の4地区。大久保と野田沢では水不足のため、午後7時から翌日午前6時までの夜間は断水となる。

 中条川上流の土砂崩落で土石流を受ける恐れがある青倉地区の10世帯25人への避難勧告、中条地区の6世帯18人への避難指示は継続している。

2011年3月30日掲載

災害用掲示板(安否確認)