TOP2011年03月長野市放射線量 雨で前日上回る「平常の範囲内」

 県環境政策課は31日、長野市安茂里の県環境保全研究所で観測している空間放射線量について、同日正午までの最大値は午前10時時点の毎時0・055マイクロシーベルトだったと発表した=グラフ。前日の最大値(毎時0・049マイクロシーベルト)を上回ったが、同課は「雨とともに自然由来の放射性物質が落ちてきて数値が上がった」と説明。「平常の範囲内で健康に影響はない」としている。

 松本市の県松本合同庁舎での簡易測定の値は31日午前9時時点で毎時0・05マイクロシーベルトで、前日の最大値(同0・06マイクロシーベルト)から下がった。

2011年3月31日掲載

災害用掲示板(安否確認)