TOP2011年04月栄村、支援制度の相談窓口開設 役場で5月2日まで

 県北部地震で被災した下水内郡栄村は25日、国や県、村による支援制度や建物の被害を証明する罹災(りさい)証明について住民の相談を受け付ける窓口を村役場に設けた=写真。法律に基づく支援金や、村が独自に行う建物の解体費用負担など8分野について、村と県の職員が交代で相談を受ける。5月2日まで。

 初日から大勢の村民が訪れ、自宅物置が全壊した島田八重子さん(49)=青倉=は「やっと解体の手続きが始められる」と話していた。

2011年4月26日掲載

災害用掲示板(安否確認)