TOP2011年07月77市町村の放射線量測定終了 中野など28・29日数値「健康影響ない」

 県環境部と県教委などは29日、県内全77市町村で行っていた空間放射線量の測定を終え、28、29日の数値を公表した=表。28日は下水内郡栄村、下高井郡野沢温泉村、29日は中野市、飯山市、下高井郡山ノ内町、同郡木島平村で測定。地上1メートルの数値は、28日が栄村栄小の毎時0・10マイクロシーベルト、29日は木島平村木島平小の同0・09マイクロシーベルトが最高で、同部は「健康に影響のない値」としている。

 市町村の庁舎では屋上と敷地内の地上でそれぞれ高さ1メートル、小中学校では校庭中央付近の地表、地上50センチ、地上1メートルで測定した。

 県は市町村の要望を受け、今月11日から全市町村での測定を開始。地上1メートルの数値は最大が毎時0・12マイクロシーベルト、最小は同0・04マイクロシーベルトだった。測定値の幅について同部は「地形や地質などが影響しているとみられる」としている。

 今後は長野市、松本市で毎日、県内8カ所で月1回行っている測定を継続する。

2011年7月30日掲載

災害用掲示板(安否確認)