TOP2011年07月セシウム検出 上田の産廃施設焼却灰

 県環境部は29日、県内の産業廃棄物焼却施設2カ所の焼却灰を検査した結果、上田市の竹原重建の飛灰から1キロ当たり188ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。中野市の永井本店の飛灰は不検出だった。

 都内の一般廃棄物焼却施設の飛灰から高濃度のセシウムが検出され、環境省が長野など16都県に焼却灰の測定を要請。環境部は対象とした28施設のうち12施設の測定を終えた。8月中に全ての測定結果を明らかにする方針。

2011年7月30日掲載

災害用掲示板(安否確認)