TOP2011年08月中野・飯山・上田の栽培キノコ 放射性物質検出されず

 県農政部は30日、いずれも施設内で栽培された中野市のエノキタケと飯山市のブナシメジ、上田市のナメコを検査した結果、放射性物質(放射性ヨウ素とセシウム)は検出されなかったと発表した。

 全て29日に採取し、県環境保全研究所(長野市)で調べた。施設栽培のキノコは放射性物質と接触する可能性は極めて低いが、同部は県の特産品であることから秋のシーズンを前に初めて検査した。

2011年8月31日掲載

災害用掲示板(安否確認)