TOP2011年11月関東産の野菜から放射性物質不検出

 県健康福祉部は29日、茨城県産のキャベツと群馬県産のホウレンソウ、埼玉県産のブロッコリーを検査した結果、いずれも放射性物質(放射性ヨウ素とセシウム)は検出されなかったと発表した。
 同部によると、飯田保健福祉事務所管内の市場と販売店で28日に採取し、29日に県環境保全研究所(長野市)で調べた。県外産食品の放射性物質検査は5回目で、キャベツとブロッコリーを調べるのは初めて。
 県外産食品の検査は2週間に1回程度実施していたが、12月以降は同研究所に測定機器が追加設置されるため、週1回程度に増やす方針だ。

2011年11月30日掲載

災害用掲示板(安否確認)