TOP2012年02月餌汚染疑いの牛肉8.2キロ 新たに県内流通判明

 県は27日、放射性物質が含まれた稲わらを与えられた可能性のある福島県出荷の牛1頭の肉が、県内で新たに流通していたことが分かったと発表した。全て消費されており、この肉の汚染の有無や程度は分かっていない。個体識別番号12510―25095のチマキ8・2キロで、東信地方の飲食店が昨年6月13日に仕入れ、同14日か15日に全量提供した。

2012年2月28日掲載

災害用掲示板(安否確認)