TOP2012年06月県産の豚肉と原乳 放射性物質検出されず

 県農政部は29日、県産の豚肉と原乳計6検体を調べた結果、放射性セシウムは検出されなかったと発表した。豚肉については北佐久郡立科町と下伊那郡下條村、北安曇郡白馬村、飯山市でそれぞれ飼育されていた豚。原乳については、松本市、安曇野市、東筑摩郡麻績村、同郡筑北村で飼育されている牛、また、上水内郡飯綱町、中野市、上高井郡高山村で飼育されている牛の原乳をそれぞれ集めたもの。豚肉と原乳はすべて28日に採取し、県環境保全研究所(長野市)で調べた。

2012年6月30日掲載

災害用掲示板(安否確認)