TOP2012年08月県産の野菜・果物 放射性物質検出されず

 県農政部は30日、県産の野菜と果物計20検体を調べた結果、放射性セシウムを検出しなかったと発表した。

 いずれも露地栽培で、野菜は東筑摩郡朝日村と塩尻市のレタス、松本市と同郡山形村のゴボウ、須坂市のゴボウ(村山早生牛蒡(わせごぼう))、下伊那郡阿智村のカボチャ(清内路かぼちゃ)の計6検体。

 果物は佐久市と大町市、北安曇郡松川村、上水内郡飯綱町、中野市、下高井郡山ノ内町のリンゴ(つがる)、松本市のリンゴ(シナノスイート)、飯田市と下伊那郡高森町、塩尻市、千曲市のブドウ(巨峰)、中野市のナシ(幸水)、佐久市と南佐久郡佐久穂町のプルーン(サンプルーン)の計14検体。

 いずれも28日に採取し、日本冷凍食品検査協会(東京)で調べた。

2012年8月31日掲載

災害用掲示板(安否確認)