TOP2012年09月北相木のコメ放射性物質検出されず 県内76市町村でコメ出荷可能に

 県農政部は28日、県産米の放射性物質検査で、南佐久郡北相木村のコメから放射性セシウムを検出しなかったと発表した。26日にサンプルを採取し、日本冷凍食品検査協会(東京)で検査。同部は28日、北相木村のコメの出荷などの自粛要請を解除した。これで、予定していた78カ所すべてで不検出となり、コメの作付けがない同郡川上村を除く県内76市町村でコメの出荷が可能になった。

 県産米の検査は8月下旬に始め、市域が広い長野と松本両市は2カ所、それ以外の市町村は1カ所でサンプルを採取した

 県産肉牛の全頭検査も、松本市の県松本家畜保健衛生所で27頭のサンプルを調べ、いずれも放射性セシウムを検出しなかった。飯田、松本、中野各市の食肉処理施設に出荷され、処理された牛を調べた。

2012年9月29日掲載

災害用掲示板(安否確認)