TOP2013年05月県産のアスパラガスと原乳 放射性物質検出されず

 県農政部は30日、飯山市の露地栽培のアスパラガス1検体と、南佐久郡南牧村で飼育している牛の原乳1検体、中野市、上水内郡飯綱町、上高井郡高山村で飼育している牛から集めた原乳1検体をそれぞれ調べ、いずれも放射性セシウムを検出しなかったと発表した。アスパラガスは28日に採取して材料科学技術振興財団(東京)で、原乳2検体は30日に採取して県環境保全研究所(長野市)で調べた。

2013年5月31日掲載

災害用掲示板(安否確認)