TOP2013年09月「震災風化させぬ」上田で10月コンサート 被災地のヒマワリの種配布も

 東日本大震災で親を亡くした子どもたちを支援するためのコンサート「君にとどけinうえだ」が10月26日、上田市材木町の市上田文化会館で開かれる。市民有志らでつくる実行委員会が主催。被災地のヒマワリの種を来場者に配り、育ててもらって種を増やそうという企画も行う。「発生から2年半がたった震災を風化させないためにも、多くの人に来てほしい」と呼び掛け、入場券を販売している。

 午後4時に開演。岩手県大槌(おおつち)町の実家を震災で失った歌手のノリシゲさんと妻のRIA(リア)さんが出演する。2人は同町に住み、被災地を元気づけようと活動している。当日は、震災直後に作った曲「歩きましょう」などを披露する。東京の子どもたちの電子オルガン演奏、来場者全員によるNHK東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」の合唱もある。

 コンサートは、震災後に同県陸前高田市で散髪のボランティア活動をした美容師西原光男さん(64)=上田市中央西=が呼び掛け、3回目。初回の昨年8月は上田文化会館で開き、震災遺児の相談に応じる施設建設のためにと、経費を除いた125万円余をあしなが育英会(東京)に寄付した。

 2回目は今年3月に上田市中央北の大輪寺本堂で開催。同様に13万円余を同会へ送った。その際、陸前高田市で西原さんが採ってあったヒマワリの種を、訪れた約80人に2粒ずつ配布。育てて種を採り、同寺に持ってくるよう呼び掛けてあり、今回はその種を再び来場者に配る。採れた種は来夏以降に集める予定だ。

 次回以降も同様にして種を増やす計画。西原さんは「被災地を忘れないという思いをヒマワリを通して示し、いつかは種を陸前高田市にまきたい」と話す。

 実行委メンバーは随時集まり、チラシ配布や当日の準備を進めている。入場券は千円。琴光堂楽器店(上田市中央2)と平安堂上田店(同市天神)で販売している。問い合わせは西原さん(電話090・3877・6281)へ。

2013年9月19日掲載

災害用掲示板(安否確認)