TOP2014年05月長野市独自で山菜検査開始 コシアブラの検出受け

 長野市の山林で採取されたコシアブラから国の基準値を超える放射性セシウムが検出されたことを受け、長野市は28日、市保健所で独自の検査を始めたと発表した。市内の山菜の検査は県が実施しているが、市独自の検査も行うことで市民の不安解消を図る。週1回程度検査し、結果を市のホームページで公表する。

 県は16日、長野市で同日採取したコシアブラから、国の基準値1キロ当たり100ベクレルを超える同340ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表。市森林整備課によると、同課には「ほかの山菜や野菜を食べても安全か」といった住民からの問い合わせが17日以降、28日までに計71件あった。

 このため市は23日と28日、それぞれ市内3カ所で採取したワラビ、ウド、フキを市保健所で検査し、いずれも放射性セシウムは不検出だった。森林整備課は「検査結果を広く公表し、不安を解消できるようにしたい」としている。

2014年5月29日掲載

災害用掲示板(安否確認)