2日目スタート地点、演奏やダンスで盛り上げ 松本第一高吹奏楽部

11月17日(月)

 県縦断駅伝の16日のスタート地点となった松本城公園では、松本市の松本第一高校吹奏楽部が演奏やダンスで選手にエールを送った=写真。大会を盛り上げる初の試みだ。
 生徒約30人が午前8時のスタートの30分ほど前からAKB48のヒット曲など5曲を演奏。ダンスも交え観客を楽しませた。号砲で選手たちが走りだすと、軽快な曲を響かせた。
 クラリネットを演奏した3年吉川芽那(きっかわめな)さん(17)=松本市=は「選手を励ます気持ちを込めて演奏した。いい思い出になった」と話していた。