第15回信州マンガ・コンクール

自由部門
自由部門最優秀賞「落雷」
「落雷」宇佐見セツ夫


最優秀賞
課題部門 とびら
課題部門最優秀賞「こうもりさん家」
「こうもりさん家」中原静子

入賞作品の紹介  審査員講評

 第15回信州マンガ・コンクールは、北海道から沖縄まで全国各地から、前回より90点多い合計490点の作品が寄せられました。内訳は課題部門が289点、自由部門が201点でした。幼稚園児から80代のお年寄りまで幅広い皆さんから応募がありました。

 21世紀のスタートを迎えどんな「とびら」を思い浮かべますか、と募集した課題部門には、前回より70点余も多い応募がありました。未来社会のとびらを開く夢のあるものや、「非常口」「金庫」「エレベーター」など、題材はさまざまでした。

 自由部門では、「IT」「厚底靴」など現代を反映したもののほか、えとの巳にちなんだ作品も多く寄せられました。

 全体的に、若い人からの応募が増えました。さらに入賞目指して挑戦を続けてください。

 審査は本紙朝夕刊の連載漫画でおなじみの田中しょうさんと西沢まもるさんが行いました。最優秀作2点(課題・自由各1点)、優秀作4点(各2点)、入選作11点(課題5点、自由6点)を紹介します。

信毎フロントページへ戻る