信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

若林氏、比例で公認 自民1次公認

2017年09月29日(金)

 自民党は28日、衆院選の第1次公認として、長野県内の5人を含む小選挙区候補274人と、比例代表候補15人の計289人を発表した。小選挙区の前職258人が大半で、元職は4人、新人は12人だった。比例代表は前職14人と新人1人。比例北陸信越ブロックでは、党長野県連が申請していた参院県区元職の若林健太氏を公認した。