信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

長野県内小選挙区の構図 【3区】

2017年09月26日(火)

 民進は、前回選で選挙区を制した旧維新の党出身の現職井出庸生氏と、旧民主党出身の前職寺島義幸氏の候補者調整が未決着。選挙構図は固まっていない。2回連続で比例復活当選した自民現職の木内均氏、共産新人の小金沢由佳氏が立候補を予定する。
 井出氏は25日、政策の文案作りを進めたほか、都内で国会見学の地元児童への対応をした。30日以降、公示前に8回の緊急国政報告会の開催を決定。地元の佐久や上田小県地域のほか、千曲市などでも後援会の組織拡大を図る。陣営は「物を言う候補として押し出していく」とする。
 木内氏は25日朝、小諸市で街頭演説をこなした後、日中は支持者回りへ。陣営は22日に上田市で選対の全体会合を開き、選挙区勝利へ走りだした。「与党としての活動や実績を前面に出して戦う」と陣営。党市町村支部や後援会を足掛かりに集会や企業回りなどを重ね支持を訴えていく。
 寺島氏陣営は羽田孜元首相から引き継いだ後援会「千曲会」と県議時代からの地元後援会を軸に準備。秘書は候補者調整の行方を気にかけつつ「決まったら、すぐ動けるように臨戦態勢をお願いしてある」。寺島氏は25日も支持者を精力的に回り、3区での立候補の意欲を伝え続けた。
 小金沢氏陣営は25日までに党の上小更埴、佐久の両地区委員会がそれぞれ決起会合を開き、同氏を先頭に比例票を掘り起こす態勢を確認した。同氏は勤務する長野市から近く上田市に引っ越す。陣営幹部は知名度の向上に向け「街頭演説などで若さや親しみやすさを浸透させる」とする。
 政治団体「幸福実現党」は新人の及川幸久氏を擁立する。自身も26日に長野市で記者会見する。


【3区立候補予定者】※9月25日現在
 木内  均 53 党県第三区支部長  自二現(2)比
 井出 庸生 39 党政調副会長    民 現(2) 
 寺島 義幸 64 党県第3総支部長  民 前(1) 
 小金沢由佳 33 党3区若者相談室長 共 新  
 及川 幸久 57 幸福実現党外務局長 諸 新  
              ※民進の2人は調整中


※名簿の見方
 立候補予定者の名簿は氏名(敬称略)、年齢(9月25日現在)、肩書、党派、自民党派閥、現前元新別、当選回数。名簿の並べ方は(1)衆院勢力(2)現前の順。比は比例代表北陸信越ブロックで当選。
 ▽党派の略称(衆院選結果含む) 自=自民党、民=民進党(2009、12年は民主党)、共=共産党、維=日本維新の会、社=社民党、諸=諸派、イ=維新の党、次=次世代の党、い=旧日本維新の会、未=日本未来の党、み=みんなの党、無=無所属
 ▽自民党派閥略称 細=細田派、麻=麻生派、額=額賀派、二=二階派、[無]=無派閥


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ