信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

衆院選スピーク=4区・後藤氏 「学べる環境をつくる」

2017年10月20日(金)

 「どんな経済環境の子も意欲があれば学べる環境をつくり、将来に希望が持てる社会を実現する」。長野4区に立候補した自民党前職の後藤茂之氏(61)は19日、諏訪市で開いた総決起大会で、看板政策「人づくり革命」を推進する決意を語った=写真。
 党の特命委員会幹事長として、教育の機会の保障、幼児教育・保育の無償化などの提案を取りまとめたと説明。社会人が学び直す「リカレント教育」や資格取得、独立の支援にも力を入れるとし、「公平な社会をつくる」と訴えた。
 また、森友・加計学園問題などを念頭に「党としても真摯(しんし)な説明、丁寧な議論を徹底していく」とした。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ