信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

5区候補にインタビュー 高校生が動画公開

2017年10月20日(金)

 衆院選(22日投開票)で10代の投票率100%を目指す飯田下伊那地域の高校生グループ「飯田下伊那100計画」は19日夜、地元の長野5区の立候補者3人にインタビューした動画を、動画投稿サイトで公開した。憲法改正や消費税増税の是非といった5項目の質問に対し、各候補が答えている。生徒らは「動画を見た人に投票に足を運んでほしい」と願っている。
 インタビューは飯田市内3校の3年生5人が中心となって、11、14、17日に実施。公平性を保つため、質問項目は全候補共通とし、子育て支援や教育施策、地域振興策についても聞いた。各候補は、選挙事務所でそれぞれ約40〜70分にわたってインタビューを受けた。
 動画の公開は、早稲田大マニフェスト研究所(東京)に監修を依頼。映像を送って見てもらい、編集をせずに「ノーカット」で公開するよう助言を受けた。動画投稿サイトのユーチューブで「飯田下伊那100計画」と検索すると見ることができる。
 100計画前実行委員長で飯田高3年の本塩(ほんしお)竜哉さん(17)は「地域を良くしたい思いはどの候補も同じだったが、改憲や消費税増税の考え方は明確な違いがあった」と振り返る。「政策だけでなく、人柄も伝わる内容になった」と視聴を呼び掛けている。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ