信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

衆院選スピーク=1区・小松氏 「農業の実態を伝える」

2017年10月21日(土)

 「中山間地の農業、鳥獣被害の実態を国に伝える役割を果たす」。長野1区に立候補した自民党前職の小松裕氏(55)は20日、長野市で街頭演説し、農業をはじめ、地方が抱える課題の解決を国に働き掛けると強調した=写真。
 長野の農業は健康長寿を生み、地域の絆を強める役割もあると説明。与党が進める農協改革は「所得向上だけを目的とせず、地域活力を生む視点も必要」と訴えた。元スポーツドクターとして、知的・聴覚障害者の競技振興も行うとした。
 応援演説した片山さつき参院議員は「医療、介護制度は急速に変わる。地方と国をつなぐ与党議員が地方に必要になる」と述べた。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ