信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

自民党県連が選対本部設置

2017年10月04日(水)

 自民党県連は3日、長野市で選対委員会を開き、10日公示、22日投開票の衆院選に向けて選対本部を設置した。県連所属の立候補予定者がそれぞれ意気込みを語り、「勝つぞ」と気勢を上げて県内5小選挙区での勝利を誓った。
 立候補予定の前職5人や県議ら約30人が出席。選対本部の総括本部長に党参院幹事長の吉田博美氏(県区)、本部長に党県連幹事長の萩原清氏(県議)が就いた。萩原氏は会合で、約330の団体や組織に推薦を依頼したなどと報告した。
 1〜5区の立候補予定者らが「政策を議論し合う戦いにする」「われわれの信念を丁寧に訴えていく」などと決意表明。萩原氏は取材に「厳しい戦いが予想されるが、全員の当選を期す決意を改めて固めた」と述べた。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ