信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

5選挙区の20派出席 県選管、立候補説明会

2017年10月04日(水)

県選管が開いた衆院選の立候補手続き説明会

 県選挙管理委員会は3日、10日公示、22日投開票の日程で行う衆院選の立候補手続きに関する説明会を県庁で開いた。県内5小選挙区で立候補を表明している18派と、5区で前上伊那郡中川村長の曽我逸郎氏(61)の擁立を目指す1派、1区からの立候補を検討しているとする1派の計20派が出席した。
 1区で検討中の新人1派の関係者は取材に「(立候補するかどうかは)まだ分からない」と話した。
 説明会で県選管の担当者は「厳しい日程の中だが、明るくきれいな選挙を心掛けてもらいたい」とあいさつ。届け出書類などの事前審査は5日、小選挙区ごとに5カ所の県合同庁舎で行う。